安い!痩せるサプリならグリーンスムージー

痩せるためのサプリには、カルニチン、キトサン、ギムネマ、αリポ酸、白インゲン、きのこパワーなどいろいろな種類があります。

また糖質カット系、脂質カット系、排出系、食欲抑制系、燃焼系、置換え系、デトックス系、代謝アップ系などがあります。

それぞれ価格はいろいろですが、ここでは安くて痩せるサプリということで、グリーンスムージーサプリについてご紹介したいと思います。

グリーンスムージーは代謝アップ系であり、酵素系のダイエットサプリです。酵素ドリンクや酵素サプリは比較的価格が高めとなっています。

でもグリーンスムージーサプリは酵素系でありながら価格はずっと安いのもメリットではないでしょうか。グリーンスムージーサプリは酵素ダイエットと同じく置換えダイエットができます

酵素やビタミン、ミネラルが豊富なため代謝アップ効果が高く、太りにくい体質になるためリバウンドも心配ありません

こんなところもグリーンスムージーサプリのメリットなのです。たくさんの野菜やフルーツを熟成した酵素や、食物繊維、ビタミン、ミネラルも十分配合されているのに一杯80円程度です。

豆乳や牛乳に混ぜるとボリュームも十分、1食置き換えダイエットも楽にできます

グリーンスムージーサプリで置き換えダイエットをする場合、毎日同じではちょっと飽きてしまいそうです。

そこでグリーンスムージーサプリはいろいろな味が揃っているものが多いため、数種類を交互に食べるようにしてはいかがでしょう。

例えばベリー系の味と、すっきりレモン系の味、そして甘いマンゴー系の味などを揃えておくとベストです。

その日の気分で選ぶようにすると、食事のできない不満も補うことができます。また甘いものが好きな人は、どうしても甘いおやつが食べたくなったら、グリーンスムージーサプリを食べるようにすると十分満足できます。

酵素ドリンクと違い、とても味がいいのでおやつにも大満足できるのです。このように上手に利用できるグリーンスムージーサプリは、とても安くて美味しいダイエットサプリとして魅力的なのです。

グリーンスムージーダイエットのカロリーコントロール法

グリーンスムージーダイエットをするときには、カロリーのコントロールを行うことも大切です。ただし過度なカロリーコントロールは逆効果を生んでしまうこともあります。そのため必要な分の栄養素やカロリーは摂るようにしましょう。

体は必要な栄養素が摂取されなくなると、飢餓状態に対応するために代謝をグッと落し、脂肪燃焼を極力少なくした体質にしていきます。

そのため少しでもダイエットをやめるとリバウンドが起こってしまうことにもあります。せっかくダイエットをしてもリバウンドをしてしまっては台無しです。

そういう意味でもグリーンスムージーダイエットは、1食だけ置換えを行い、あとは普通に食事をしてもダイエットができる理想的なダイエットなのです。1食置換えてたときにもスムージーにもカロリーがあるので、体は飢餓状態にはなりません。

そしてグリーンスムージーは酵素も豊富に摂れるので吸収も高くなります。それによって体は栄養素が十分取れるため、脂肪を溜めずに脂肪を放出しようとしてエネルギーに変えようとします。つまりこれは太りにくい体質に変化していく流れなのです。

ちなみにグリーンスムージーのカロリーは内容によってさまざまですが、例えばバナナやアボガドなどを入れればカロリーはアップします。

また葉物が多い場合は低カロリーとなりますが、1食抜く場合はあまりグリーンスムージーのカロリーは気にせず、好きなものや新鮮なものを中心に作るといいのではないでしょうか。

グリーンスムージーには好転反応も

グリーンスムージーダイエットをしていると、いわゆる好転反応が出ることもあります。グリーンスムージーはダイエットだけでなく、健康効果もあるため好転反応が出やすくなります。例えば飲み始めると体がダルくなったり軽い頭痛を感じることもあると言われています。

また美容にも良いはずのグリーンスムージーなのに、なぜか吹き出物や湿疹、ニキビなどが増えることもあります

他にも生理が早くなったり遅くなったりと不順になることも。また一番多く出やすい症状には、おならや下痢などがあります。

では何故このような好転反応が出るのでしょう。好転反応とは体質が大きく変化するときに、その過程で一時的に体調が一見悪くなったように見えることです。

逆に好転反応が出たときには不安にならずに、体が良い方向に向っていると考えましょう。すぐに不安を持たず、まず2週間程度は様子を見てみましょう。必ずまた変化していくようになります。

欧米ではクレンジング、リアクションと言われており、浄化作用というふうにとらえられていますが、デトックス効果の高いものや抗酸化作用の強いものを摂取することで起こりやすくなります。

また悪い部分が多いほど好転反応も大きく出るとのこと。そして好転反応は個人差があって、効果があっても好転反応がまったく出ない人もいます。

抗酸化作用の高い成分を摂取すると、いわゆる活性酸素によって錆び付いて弱ったり、老化している細胞が元に戻ろうとするときに好転反応を起こします

わたしたちの細胞は紫外線や疲労、病気などさまざまなことで活性酸素が溜まり錆び付いていきます。

そこに活性酸素を除去する抗酸化物質の強いものを投与すると、細胞は活性化しようとして変化を起こします。これが好転反応のメカニズムなのです。

まず飲み始めて1週間程度までに好転反応は出やすく、その後1週間から2週間すると良い状態になっていくのがわかります。

ただし、蕁麻疹や腹痛のように強い症状がでたときには、好転反応ではないこともありますので、強い症状が出たらいったんやめてみましょう

グリーンスムージーダイエットの効果と口コミ

最近はさまざまなダイエット法が注目されていますが、やはり効果がないものは淘汰されてしまうのが現実です。

そんな中でグリーンスムージーダイエットは注目されるようになってから何年かたち、いまだ効果があるため今でも人気が続いているダイエット方法です。今回はそんなグリーンスムージーダイエットの効果と口コミなどをチェックしてみましょう。

グリーンスムージーダイエットの効果はその方法によって、だいぶ違うということが口コミからも感じられます

本来どのような方法でグリーンスムージーダイエットを行うと効果がより高くなるか。まずグリーンスムージーを飲んだら食事は少なめに抑えること。1食は置換えすることも効果を高めるにはおすすめです。

そして食事のときには、グリーンスムージーを食事の40分程度前に飲むようにしましょう。グリーンスムージーには食物繊維がたっぷり含まれています。

お腹の中で満腹感を感じだすのが40分程度掛かかるのです。つまり40分前に飲んでおくと、食事のときにある程度満腹感が得られているということになり、それによって食事を減らすことができます。

では口コミで成功率の高い、置換えダイエットをプラスしたグリーンスムージーダイエットのご紹介をしましょう。ただカロリーカットをするダイエットは太りやすい体質をつくり、リバウンドも大きいと言われています。

しかしグリーンスムージーダイエットは酵素分が高いため、食事からの栄養素の吸収が高くなるので、リバウンドは少ないと言われています。

とはいっても置換えダイエットをしても、きちんと1日トータルで栄養のバランスのとれた食事をすることが大切です。

そこでどこを置換えるかということを考えてみましょう。例えば夕食は自分で作るので栄養を考えてバランスよく食べることができる人というは、朝食やランチを置換えましょう。

また夜はいつも帰りが遅く、食事も遅くなってしまう人や外食が多いという人は、逆に夜置換えするようにします。

ただし、その場合は朝をしっかり栄養を考えて摂ることや、ランチでも栄養があるものを摂るようにしましょう。このようなポイントを踏まえたグリーンスムージーダイエットを行うとダイエットへの早道になるのではないでしょうか。

グリーンスムージーダイエットは効果なし?危険性は?

グリーンスムージーダイエットは人気のダイエットですが、実は効果がないのではないかという意見や危険性があるのではという意見があります。それについて考えてみましょう。

まずダイエット効果がないという意見は真実とは違うようです。ただしどのようなダイエット法であっても、例えば食事はどの程度食べているか、炭水化物や、タンパク質、野菜などの割合はどうなのか、運動はどの程度行っているのか、睡眠時間はどのぐらいかなど人それぞれです。

同じダイエット法でも効果が出ない人は必ずいます。そこでダイエットの効果があるかないかは、その成功率ということになるのではないでしょうか。

そういう意味では口コミなどから見ても、成功率は悪くないので効果はあると考えていいでしょう。ただし、それが自分にあっていなければ続かないため、効果も出ないことにもなります。

そして次にグリーンスムージーダイエットの危険性について考えてみましょう。まずどのダイエットでも言えることですが、とてもストイックにダイエットを行う人がいます。それによってグリーンスムージーだけしか摂取しないという人がいるのも現実です。しかし野菜やフルーツだけでは到底人間は元気に生きることはできません

そういう意味では危険があると言えそうです。グリーンスムージーダイエットは1食置換える程度で、あとの2食はきちんと摂るようにしなければなりません。

グリーンスムージーだけでは倒れてしまうことになるので絶対にしないように。そしてリバウンドを起こすことにもつながります。

もう一つは野菜やフルーツも丸ごとすべて食べるので、農薬などの問題が考えられます。ただし日本では農薬の基準もしっかりしており、毎日カップ3杯程度摂取しても特に問題はありません。

しかし気になるなら有機野菜や無農薬野菜を使うようにしましょう。また粉末のグリーンスムージーなら信頼のおけるメーカーのものを利用すると、その辺も安心ではないでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。